私達の取り組み

太平洋戦争の後、各戦地に残された旧日本軍の兵士の遺留品を多くの米軍兵士が記念品として本国に持ち帰りました。

こうした旧日本軍人の遺留品を、アメリカ・オハイオ州在住の日本人医師・加治安彦氏が、私財を投じて収集し、元の持ち主に返還するボランティア活動を、1971年から行っています。

その活動を支援するため、これら遺留品のデータをインターネットで公開し皆さまからの情報をお待ちしています。
どうかご協力をお願いいたします。

Website  http://www.hlswilliwaw.com/nishiha/index.htm
FaceBook https://www.facebook.com/ihin.co.jp/
E-mail       senso_ihin@outlook.jp

また上記以外にも、旧連合国在住の皆様から元の持ち主探しのご依頼をいただいていますので、併せて掲載しています。
同じような遺留品で、元の持ち主をお探しの場合は氏名とできるだけ詳しい情報とをご明記の上写真を添付してお送りいただきましたら当サイトに掲載させていただきます。

このWordPressは私達の返還活動をメディアに取り上げられた記事を中心に更新します。

このWordPressトップに映っている動画はShingo Kuroda様が
ドローンで撮影された動画です
動画に一目惚れして利用許可をお願いしたところ快諾して頂きました。
ありがとうございます。
お台場→レインボーブリッジ→ゲートブリッジ→晴海→葛西臨海公園→お台場→竹芝の順です

少年飛行兵のご遺族捜しをしている影響からか、この動画は74年過ぎた
現在の東京の綺麗な夜景を、少年飛行兵が零戦を操縦し優雅に飛行する
イメージが浮かび上がります。
彼らにこの素敵な夜景を見せてあげたかったです。

下の画像の花はサボテンです。
やっとの想いで綺麗に咲いてくれました。
もう10年前の画像ですが、私のお気に入りの一枚でもあり
花言葉がこのWordpressに合ってると想い載せました。

サボテンの花言葉は

「燃える心」「偉大」「暖かい心」「枯れない愛」