8月 笠置山丸船長之印

笠置山丸船長之印

笠置山丸は旧三井船舶所属の貨物船であったが、戦時中海軍に徴用され
1944年11月、フィリピンにおいて座礁し、さらに米軍の空襲を受け、
大破。猪内十一船長以下乗組員42名が戦死

これは個人の所有物ではなかったので、「戦没した船と海員の資料館
(神戸市)に寄贈、同館で展示していただくことにした(2004年3月)

2004年8月9日放映のNHK総合テレビ「かんさいニュース1番」で
この船長印のことが報道されました。