2008年12月22日 毎日新聞

63年ぶりにご遺族へ日章旗を返還
四街道市:核兵器廃絶都市宣言25周年記念

平和のつどい /千葉

◇「戦争、望んでる人はいない」

四街道市で21日、核兵器廃絶平和都市宣言25周年を記念して
「平和と文化のつどい」(同実行委員会主催)が開かれた。
会場には1000人以上の市民が訪れ
平和を訴える講演などに耳を傾けた。

講演では、小中学生のころに同市に疎開した経験のある俳優
市原悦子さんが「戦時中は千葉の土に支えられて生き延びた。
四街道市で触れた優しさが身にしみた」と
当時を振り返った。
その後、「野坂昭如戦争童話集」を朗読した。

会場には、フィリピンで24歳で戦死した同市出身の
大熊武雄さんの日章旗が展示された。
日章旗は元米海軍の男性がフィリピンから持ち帰って保管していたが、
持ち主の家族に返すため、「旧日本軍人の遺留品」というWebsiteを作成し
返還活動を続けている兵庫県西宮市の西羽潔さん(75)に依頼。
日章旗に住所が書いてあったことなどから今年11月、63年ぶりに
ご遺族の手に渡った。

返還の仲介をした大熊文夫市議(71)は「思いをこめた署名を見ると、
あらためて戦争のむごさを感じる」と話した。
楠岡巌実行委員長(78)は「世界で一人として戦争を望んでいる人はいない。
これからも平和を訴える活動を続けたい」と語った。【斎藤有香】

毎日新聞 2008年12月22日 地方版

Categories

Leave a Reply