2020年5月12日 中日新聞

https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20200512/CK2020051202000041.html

旧日本兵の写真帳返したい
米慈善団体の女性が情報呼び掛け

太平洋戦争中に米軍人が硫黄島から持ち帰った遺留品から三重県出身とみられる兵士の写真帳が見つかった。遺留品の返還に取り組む米国のボランティア団体「キセキ遺留品返還プロジェクト」の会員で、写真帳を入手したジャガード千津子さん(68)=米イリノイ州=は「関係者に何とか届けたい」と情報提供を呼び掛けている。

精悍(せいかん)な顔立ちの男性二人が写った写真は、それぞれ「俺」
「下村重治郎」と書かれている。「昭和二年度馬公警備紀念三重縣人會一同」
と記された集合写真には、「俺」らしき男性も含まれる。

 二見興玉神社(伊勢市)の夫婦岩を背景に撮影した集合写真や、
「二見勝四郎」と署名された軍服姿の男性、「二見勝之」「小畠静登」
とそれぞれ書かれた乳児と男性の写真も残されている。

写真帳は米軍人(故人)の孫で、マサチューセッツ州に住む女性が
所有していた。縦一三・五センチ、横二〇・六センチの布張りの表紙で
厚さは二・五センチほど。写真六十枚ほどが収められている。
インターネット上のオークションで出品され、ジャガードさんが競り落とした。

ジャガードさんは「写真帳を見ていると、本人にとってとても大切なものだったことが分かる。戦死した日本兵のことを覚えている人が少なくなっているが、日本人の魂は日本に返してあげたい」と話している。

Leave a Reply